施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製 作り方
サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製
パンフレット製作 PAMPHLET JAPAN サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製
施設案内パンフレットのコツ

サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製

このような方にお勧めです
・施設案内パンフレット
・サ-ビス案内パンフレット
・サロン紹介パンフレット
・教室案内パンフレット
 これらのパンフレット作成を 検討されている方

ここでは施設案内のパンフレットの製作についてご説明しております。ユーザーがその場所に出向き、サービスを受ける体験型施設を想定しています。

・保育園
・介護施設
・サロン
・病院
・美容院
・整体院
・スポーツジム
・保育所
・教室 など


施設案内パンフレット作製のコツ

サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製

ここでは施設案内のパンフレットのコンテンツを考えます。施設案内とは、ユーザーが定期的にそこに出向き、サービスを受ける体験型施設を想定しています。


ユーザーの視点から考える

ユーザーの悩み:いい感じの施設なの?

きれいな施設! 外観も素敵だし、センスの良い清潔な内装! 実際に行ってこの目で確かめたい!

施設の状態は必ず見せてください。どのようなものかかわからないと、判断ができません。


ユーザーの悩み:そこにはどんな人がいるの?

オーナーの顔やあいさつ文があって安心。スタッフもいい顔してるなー 。この人43歳2児の父か、自分と話が合いそうだな。

実際に触れ合うスタッフの顔は重要です。どんな人かがだいたいわかれば安心できます。スタッフの顔やあいさつ文などのほかに、趣味や家庭環境など、個人的なプチ情報があると、打ち解けて話せるきっかけにもなります。心理的に自分と似ている人に興味を持つ傾向があります。


ユーザーの悩み:自分がそこに入ったら
        どんな感じになるの?

利用者や利用者の感想も載ってる! なるほどそういうことか、参考になるなーーー

体験した利用者さんの声は、客観的な情報としてとても重要です。そこを利用して、どのように良い体験をしたか、細かく書かれた文章は説得力があります。そこに決めるかどうか迷っているユーザーの背中を押すことになります。


コンテンツ構成の視点から考える

■体験で大事なものは?
ユーザーの目線で考えてください。
よほど困っている状態でなければ、どのような場所なのかよくわからない施設には行きませんよね? 情報は多ければ多いほどいいですね。

サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製

■ユーザーの視点を想像してみる
ではユーザーはどのような情報が欲しいと考えているでしょうか。まず建物の外観や室内の状態、自分の好みに合っているか、心地よい気分になれるか、料金的に妥当なのか、サービス内容は充実しているか、そこにいる人はどのような人がいるのか、などが挙げられます。

■施設選びは失敗したくない
病院・整体院・学校など、そこのスタッフと密接にかかわることになる施設では、人の見定めも重要なポイントになります。話し合ったり、体に触れられたり、長いお付き合いになるのであれば、どのような人と関わるのかとても気になります。

サロン.ジム.介護施設.整体院.教室など 施設紹介.サービス紹介の案内パンフレット作製


製作実例から考える

施設案内パンフレットのデザイン製作実例です。

老人福祉施設兵庫県

表紙には施設の外観写真や象徴的なものを使用。

整体院 神戸市

施設内部の写真は必要なだけ使用しています。

児童施設 姫路市

色遣いは施設のイメージカラーを参考にしつつ、サービス内容の性質から、ユーザーが好む配色や、色が与える影響を考えつつ選択しています。

介護施設.老人ホーム 西宮市

スタッフ様の写真は可能な限り入れています。また、料金や仕様内容など、具体例も可能な限り入れています。

整体院,尼崎市

サービス内容の概要や特徴も読みやすい文章で入れています。素材(写真や文字)が少ない場合は、イメージ写真やイメージイラストなど、デザイン面から補足しています。

フィットネス.スポーツジム施設兵庫県,神戸市,姫路市,西宮市,尼崎市


ユーザーの行動パターンから考える

最初にそれを手に取るか、ページをめくって中身を見てくれるかという行動があります。
POINT
ターゲットに合ったデザイン性ですか?
一目で何について書かれているものかわかりますか?

次にそれに何が書かれているかを理解します。
※この時点では好き.嫌いの判断はありません。
POINT
サービス内容はなんですか?
施設の様子はどのようなものですか?
スタッフはどんな人がいますか?

次に内容が自分にとって心地よいかどうか、
好きか嫌いか、共感できるかどうかの反応があります。
POINT
自分にとってどのようなメリットがありますか?
体験制度はありますか?

さらに理解を深める段階で疑問が沸いてきます。
その疑問を解決できるような記述を探します。
POINT
料金制度はどのようなものですか?
他の利用者の声はどのような感想ですか?

納得すると行動を起こします。
地図を辿って訪問する、電話をかけるなど。
POINT
場所はどこですか?
アプローチの方法は?


このようなシーンで活躍します!

お客様への説明資料として
店内に設置してご紹介促進ツールとして
店頭などに設置して取ってもらう
DMなどに


主要ページのご案内

プロが教えるサロン.教室.介護施設.整体院.美容院パンフレット作製のコツ プロが教える商品案内.商品紹介パンフレット作製のコツ

プロが教える営業用.会社案内パンフレット作製のコツ プロが教える新卒.中途採用のための会社案内パンフレット作製のコツ



ご利用ガイドのご案内

ご利用ガイドのご案内
パンフレツトデザインを作りたいけどどうなるか不安。連絡した後に何をすればいい? 事前に確認できるの? →ご利用ガイドで全体の流れをご確認ください

パンフレツト製作ご利用ガイド


ご連絡



ラインによるお問合せ
友だち追加

◆ ◆ ◆

top